ツヤツヤ女神若くきれい

ツヤツヤ女神若くきれい

最近白髪が目立ってきたので、白髪染め売り場をよく覗きに行きます。どれがいいかわからず、まだ買ってもいないのですが、私は『カラーが出来るトリートメント』が気になっています。名前からすると肌には優しい部類のカラーリングなイメージです。私が白髪染めの購入を悩んでる最大の理由は、私が不器用なことにあります。加えて面倒くさがりなので、色ムラとかちゃんと染められない場所が出てきて、結局意味のないことになると思ってしまうのです。それに量も適当に使って髪が傷んでしまいそうですし、トリートメント効果も疑ってしまって、どうしてもあと一歩のところで躊躇してしまうのです。美容室で染めてもらおうかと思い相談をしたこともあるんですが、『今の白髪の量なら普通のカラーリングで充分だ』と取り合ってもらえませんでした。気になっているのは本人ばかりといった感じです。予算がそんなになかったのもあって、結局その日はカットだけしてもらって帰りました。なんだかズルズルと過ごして、髪もすっかり伸びた頃、相方に白髪の量を突っ込まれました。気にしてるのに、口出しされるとけっこうショックです。「髪切ったら、白髪目立たなくなるんじゃない?」なんて気休めを言ってくれましたが、髪を切ったら白髪の多い内側が目立ってしまうと思うと切る気にもなりません。髪のアレンジもいろいろ試してみたいのですが、部分縛りは内側がもろに見えてしまうので、いつも後ろに一本か、うなじにかからないようポニーテールが定番になってきました。最近思いっきり地味っ子です。白髪染めを始めたら頻繁に染め直しが必要とも聞いています。金銭的に小まめに塗り変えるのは至難の技と言えるでしょう。私は日々悩んでいます。薬局を通るたびに中に入り、いつも同じ場所に立って、同じ商品を眺めて、完璧に怪しい人の行動になってないか不安になるほどです。商品の購入を迷いすぎてまだ買っていない事態が、さらに私の心の安定を乱しているように感じる今日この頃です。弱酸性で皮膚に優しいルプルプなら、一度試してみてから自分に合ってたらその後も使えるからいいんですが、合ってなかった時のことを考えると痛い出費です。まだまだ悩む日は続きそうです。